カードローン審査を徹底比較!【即日融資も可能】

カードローン審査が通った女性画像

カードローンとキャッシングの違いは以前まで、カードローンはリボ払い、キャッシングは原則一括払いと線引きがありましたが、今現在は、キャッシングも分割払い(リボ払い)ができるようになり、実質的に違いはありません。

 

カードローンと言えば、銀行カードローンから、消費者金融、クレジット会社、信販会社まで多くのカードローンがありますが、審査基準はそれぞれ違い、申込み条件によっては、年収による制限があるカードローンもあります。

 

カードローン審査ではむやみやたらに申込みすると、信用情報に融資申込み情報が登録されますので、あまりにも申込み情報が多いのは審査に逆に不利になってしまいます。

 

その為、審査を申込みするならば1社または2社に絞って、1回で借りられるようにしなければなりません。

 

しかし、数あるカードローンの中から、どこのローンがおすすめで、申込み基準や借入方法、返済方法、専業主婦でも借りられるのか?など、カードローンの公式HPには当然他社のことは書いていない為、何度も多くの公式ページを見ることは大きな手間とも言えます。

 

そんな時、当サイトを活用いただければ、どこのカードローンが主婦でも借りられるのか、申込みに必要な書類や年齢制限、収入制限など、カードローン審査に関して徹底比較していますので、非常に便利です。

 

ぜひ、便利で計画的に利用ができるカードローンライフを送る為にも、各社の特徴を分かり易くまとめていますので、参考にしていただければ幸いです。

カードローン審査ってどこを見てるのか?

カードローン会社は、審査の時、どこを重要視しているのか?ここが分かっているのと、分かっていないのとでは大きな違いです。

 

そこで、カードローン審査において重要な部分を解説していきます。

審査で重要となる項目!
  1. 年齢
  2. 信用情報
  3. 年収
  4. 勤続年数
  5. 勤務先会社規模
  6. 住居の種類(持家OR借家)
  7. 独身か既婚か
  8. 家族と同居か一人暮らしか

カードローン審査では主に上記の項目を見て、融資の可否を判断しています。

年齢は20歳以上65歳以下が申込み条件に多い

まず年齢ですが、多くのカードローンでは申込み条件として20歳以上60歳以下などと、年齢制限があります。仮に60歳以下までしか申込みができないカードローンの場合、いくら年収があって、勤務年数が長いとしても問答無用で審査は断りになります。

 

なぜ年齢制限が有るのかと言えば、カードローンは繰り返し借入と返済を行っていき、契約期限は自動更新が多いため、長い利用の人であれば借入してから5年以上利用している人も珍しくありません。

 

あまりにも高齢な人に融資をしてしまうと、回収するのにリスクが発生してしまいますので、ある一定の年齢で申込み制限を行っているのです。

信用情報でカードローン審査の8割は決まる?

その次は信用情報です。カードローン審査の場合、借入の信用情報は融資の可否の大部分を占めていると言っても良いでしょう。

 

他の項目が良くても、信用情報に事故情報があれば、審査は通りませんし、他社の返済が遅れていればその時点で審査に落ちる可能性が非常に高くなってしまいます。

貸金業者は年収1/3までしか借りられません!

年収は総量規制に直結していますので、年収が少なければ審査に通る可能性も低くなります。貸金業法では年収の3分の1までしか融資することができませんので、年収が300万円の人は100万円まで、年収が600万円の人は200万円までしか借りられません。

 

消費者金融などの貸金業者は年収3分の1規制がありますが、銀行は総量規制対象外の為、1/3の年収制限がありません。今はオリックス銀行を代表とするネットバンクが人気で、それらは年収制限以外にも、限度額300万円以下は収入証明書不要などの特典が多くなっています。

 

銀行カードローン・消費者金融では総量規制によって審査の違いがあるものの、年収が多ければ多いほど、審査が有利になるのは間違いありません。

勤続年数・勤務先規模は重要項目!

審査の与信判断をする上で、勤続年数、勤務先の会社規模は、かなり重要な項目です。勤続年数は一般的に10年以上あれば審査に有利となってきます。

 

勤続年数が長ければ長いほど、勤務先を退職する可能性も低くなり、退職したとしても退職金によって返済能力に加点が付きます。

 

また、勤務先規模は上場会社や大会社、公務員などが点数が高く、中小企業や自営業者などは逆に点数が低くなっています。

住居種別は持家が有利

住居種別は、一戸建ての持家、分譲マンション、賃貸マンション、公団、アパート、市県営住宅、借家、寮の順に評価されています。

 

最も良いのは、自分名義の一戸建ての場合です。一戸建ては、転居する可能性が賃貸よりも低く、売却によって返済も可能となることから、評価としては一番高くなっています。

 

売却できるという点においては分譲マンションも同じのため、評価は高いでしょう。逆に借家や寮の場合、転居する可能性が高く、資産ともならないので、カードローン審査のスコアリング点数では低い採点となってしまいます。

独身1人暮らしは評価が低い

独身か既婚、家族と同居か1人暮らしかは、意見が分かれるところですが、独身の方が返済能力的には確かに高いのですが、連絡が取れなくなったり、逃亡する可能性もあることから、カードローンの審査では既婚者で家族と同居の方を好む傾向にあります。

 

独身1人暮らしで音信不通、住所不明になることはよくあることです。このことから、カードローン会社にとって一番リスクが大きいのは、債務者本人と連絡が一切取れない状況だということが分かります。


更新履歴